私の大事な家族の一員

私の愛犬は、目にいれても痛くないほど可愛いミニチュアダックスフントです。

年齢は今年で8歳になるのでシニアのドックフードに変更を考える年頃になりました。ペットショップのガラス越しの出会いで一目ぼれをしたわんちゃんです。トイプードルと同じガラスケースの部屋にいれられていて、えいえいっとトイプードルにけりをいれている元気っぷりを見て我が家に家族として迎えました。

飼ったばかりの時は、生後3カ月で手のひらからすこしはみでるくらいの大きさですごく小さくて、我が家のアイドルとなりました。ウェンウェンというような少しいばったような鳴き声も可愛かったです。大きくなるにつれて、自分が犬であることを理解していないのか、散歩に行くと犬が寄ってきても隠れてしまいます。人間には興味があるようで自分からすすんで向かっていきます

。しかし、小さい子供がよちよち歩く姿は、慣れないのか見るとおびえて隠れてしまいます。散歩は必ず人間が2人以上いないと玄関を出てから、自分の足では歩いてくれません。一人で散歩をしなければいけない状況の時は行きは、ずっと抱っこをして30分歩いて、帰りは降ろして家路に向かう散歩なので、私の腕筋肉はすごく鍛えられます。

そんなアイドルも今は、シニアとなり落ち着きを少しはつけてきて、最近は散歩も好きですが睡眠時間が少し長くなった気がします。それでも、家の中で一緒にするかくれんぼは大好きで遊びながらドックフードを食べるまだまだやんちゃな部分もあります。